<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
下見
前の学校から大きな荷物を車に載せたまま、新しい学校へ。新しい教室に大きな荷物を持ち込む。大きな荷物と言ってもパソコンラックやパソコン、プリンタなど。水槽は、ちょっと我が家にしばらく置こうと思う。ネットを買って稚魚を隔離しているので。

鍵をもらいかけたが、あわてて断る。土日に来たくてもこれないように自分を追い込まないと。

ここの学校は、縦の校内LANはできている。そこと教室ととりあえず、どうつなぐか見ていたが、最短距離にあるので楽につなげれそう。
作業は、この春休み中かな。

夜は、過去に同学年を組んだ人と集まっての飲み会。
盛り上がる。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-31 23:45 | 日記
新しい学校へ
今日は、新しい学校への挨拶兼職員会に参加。夜は送別会。本当は、今31日午前2時42分

さっそく新しい学校でネットデイの話。予算も心配なくなり、いつでもゴーサインが出ている。うれしいことだ。
校長さんの話もWBCの日本代表のようなチームをということで期待できる。

夜は、送別会。パソコンパソコンと言われるが、実は、私はあまりパソコンに詳しくもない。情報教育になぜ取り組むようになったかの話を語らせてもらった。

何年も前にあった日本中のワイドショーをにぎわわせたニュースに子どもたちが巻き込まれた話。
覚えている人も少なくなったものだ。その日の朝の職朝での緊迫したやりとりを話をした。

これからは、ワイドショーや、テレビの報道にも批判的に見ることができるようにならないといけないと言うことを実感した事件であった。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-30 02:37 | 日記
年度末のお仕事2
水槽を持って帰る。しばらくは、家で子どもが楽しんでみている。

担任に関する情報が入り、ちょっと驚く。来たばかりなのに、良いのかなあ。

明日は、掃除。もう、職員室の席には、他の方が座っているはず。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-28 20:33 | 日記
年度末のお仕事
片付けは、教室が先か、職員室が先か。
いろいろ考えて職員室を先に片付けている。片付けているうちに懐かしいもの、良いもの、たくさん見つかり、つい微笑む。

みなさん、異動するもの、残るものを意識して、なんだか、職員室にいてもいつもと雰囲気が違うように感じる。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-27 22:16 | 日記
マイスター研に参加
良い研究会が重なる中、マイスター研に参加した。2005年の会と同じ形式だが、我が班は、行政チームにかみついたところが雰囲気を盛り上げたのではないかと思う。さすが、師範!

みなさん、意欲の高い方ばかりで、グループのファシリテーターがたくさんいた。キーワードでまとめたり、グラフのようにまとめたり、みなさん、さすが。
県内から特任マイスターのお二人がプレゼンしていただいた。良く聞いていることだが、改めて自分の足りないところに気づかされた。

ワークショップでは、みなさんのいろいろな立場からの話を聞いて、校内、地域で今年見過ごしていた点をたくさん気づかせてもらった。マイスターの条件、一部だけが足りなくても、秀でていてもだめなのを感じた。
自分自身のチェックシートをもち、自己を振り返る機会をもたないとだめである。
そう言う意味では、たいへん良い時期に良い研究会だった。

また、藤村先生や木原先生から違った視点での指摘に自分自身は、もっと基本的情報教育の理念などもうちょっと学習しないといけないと思った。ここが全体に広がらない一番の鍵であり自分自身が何年も前から上手く伝えられないこと。

4月から学校が変わります。今までの失敗や今回学んだことを生かして、まず、良い職員関係から作っていきたいと思った。
鳥取の特任マイスターのお二人に続く人間になっていきたいと思った。

帰りは、2期生といろいろ話しながら新幹線。
これからの取り組みについても話ができた。やはり、お金をかけてでも来る価値はあった。こちらもアクションがはじまる。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-26 23:59 | 情報教育
春のD-プロ
前田先生の授業の秘密を探ることができた。2時間半もしゃべりっぱなしで、大変だったと思う。その他の場面でも会長からの指令とはいえ、その場で無理なお願いが通るところがすごい。

「情報の欠落したデジタルコンテンツ」これが鍵である。

懇親会などでは、塾3期生を紹介してまわる。これも大切な役目だと思う。
そう言えば、昨年のこの会が塾の始まりのようなものだった。

どうも、我々にもそろそろ司令が来る頃らしい。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-25 23:23 | 情報教育
今日でお別れです
異動です。涙を流してくれた子どもたちに思わずもらい泣き。
最後の授業は、いろいろ考えたのですが、文集用に書いた作文を読み、「これ誰?」クイズ。作文を読みながら私もコメントしていく。そして読み終わったら「今のは、誰でしょう。せえの。」で一斉に名前を呼ぶ。
そして。私が本人に作文を返し、がんばったことなどに対してコメント。

来年は、PCなどあまり使わせてもらえないかも知れない。「えー。」みんなが「使って学習したいです。」と言っていかなければないけないよとコメントも。

最後に子どもたちが、サプライズな演出を考えていてびっくり。そんなこともできるようになったんだなあ。

名刺も変えないといけないなあ。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-24 23:14 | 日記
マット戦争
通称 「マット戦争」は、2チームに分かれて相手の陣地にあるボールをけり出したら勝ちというゲーム。マットの上を使った陣取りである。昨日ストーブをしまってしまい、教室は寒くてしょうがない。しっかり体を温めよう。
このゲーム、仲間作りにおもしろい。先頭に立っていく子をフォローに行かない子。一人で勝手にマットの外に落ちてしまう子。
あの人のためにも自分もがんばろうというのが最初はなかなか見られないが、少しずつ・・・。
基本は、相撲。最後は、男子対女子になる。堂々とぶつかり合えて、うれしそう。
2回とも結局男子が勝ったが、2回目は僅差であった。
吹っ飛ばされた男子が、股間を押さえて苦しそうにうめく姿が。。。
大きなけがが出ないうちに終了・・・・。
もうちょっとやりたいという声が出たところでちょうど良いくらいだった。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-23 23:16 | 日記
春休みプリント
春休みのプリントを本日配った。今日から家庭学習や、自習時間にばんばんしても良いことになっている。今のうちにばんばん質問に来て欲しい。

来年最初の学力テストに向けての対策でもある。

その名も「春休み up up プリント」
合計22枚になる。

宿題がたまってアップアップになるか、成績がアップ アップになるか。

本人次第である。

名前の代案として「苦悶式」なんて言うのもあったが・・・。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-22 19:27 | 学習全般
WBCの報道
いろいろなスポーツ新聞系のニュースは、似たようなもの。そこで、朝鮮日報なんて、見ている。日本語のページなので、ありがたいが、内容はやはり外国のものと感じる。
総合的な学習などで国際理解を扱っている場合や、情報モラルなんかで活用してもおもしろいかも知れない。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2006-03-21 21:44 | 情報教育