2004年 12月 26日 ( 1 )
楽しさを思い出す。
靴を忘れる大失態。帰ろうかどうか迷ったがレンタル屋で借りる。フロントバックルのものが若干あったため助かった。履いてみると操作しやすいように靴の柔らかさを感じた。レンタルのものってほとんど使わないから勉強になる。

最近スキーが思い通りにいかなくて楽しさを忘れていたが、本日の伝達講習会で思い出させてもらう。体が痛くなるのは、力が入っている証拠。怖くて固めるのではなく、上手にいなすのをいろいろなバリエーションを教えて頂きながら感じた。
一つのことがさせたかったら、別の言い方をする大切さでいかにしたら受講者に伝わるかということが大切にされた。

今まで出来なかった理屈も分かり、「楽しそうに滑っていたね。」と他の方に指摘された。

ちなみに、指導して頂いた方には、ゴーグルをかけて滑ると若月デモに似ているといわれた。
[PR]
by mamao_hayamiti | 2004-12-26 20:55 | 日記